エアコン添加剤でパワーアップ!

IMG_8851_250.JPG

 ワコーズのエアコン添加剤です。

恥ずかしながら、ワコーズの営業さんが説明してくれるまでは、エアコン添加剤自体全く気にしていませんでした。

「良く効くよ!」

という声は時々聞こえてきていたのですが、

「どうせエアコン入れている時だけでしょう」

という気持ちがあり、全く気にも留めていませんでした。

「ウチはいらないよ」、と言っていたのに、

「3分で終わりますからとにかく聞いて下さい!」

と営業さんに押し切られ、話を聞くことになってしまいました。

すると、そこに ”ピン!”と響く言葉があったのです。

それは、

 

 ・今の車はオートエアコンなので、夏だけでなくほぼ1年中エアコンが入っています。

  本品はエアコンON時のパワーロスを抑えるので、パワーアップアイテムとして

  非常に有効です。

 

 ・エアコンガスはどんな車でも徐々に少しずつ抜けていきます。

  本品はエアコンガスの圧力で添加剤を入れ込むので、

  エアコンガスの補充にもなり、一石二鳥です。

 

「なるほどこれはエアコンの効きを良くするというよりも、パワーアップアイテムなんだ!

 パワーアップと言ったら私の専門科目じゃないか。試さない手は無いでしょう!」

 

ということで、早速BMW320のデモカーに入れてもらいました。

試乗してみるとビックリ。エアコンを入れてもほとんどパワーの落ちが感じられなくなっていました。

その後、5人ほどのお客様にモニターで入れてもらったところ、皆さん大絶賛。

特に深刻なパワー不足に悩まされていたゴルフワゴン1.6のお客様の場合、

「信じられないくらいパワフルになった!」と感謝感激の言葉を頂きました。

 

お客様の感想の平均を取ると、

”本品を入れたら、A/C ONのパワー感が、それまでのA/C OFFとONのちょうど中間くらいになった。”

とのことでした。

 

耐久性は1年くらいです。

 

入れる季節は、”初夏〜夏が断然おすすめ” です。摩擦低減剤は使用時間とともにつぶれて経たってきますので、秋や冬に入れてしまうと、夏になった時には性能ダウンした状態になってしまい、損だからです。

 

料金は工賃込みで4700円(税別)です。

パワー不足にお悩みの方には、こんなに費用VS効果が高いチューニングはなかなかないでしょう。

 

 

ところで、エアコン添加剤の効果は、排気量、ボディ色、室内の広さによってだいぶが変わってきます。

 

@排気量が小さいほど、全パワーに対するエアコンに食われているパワーの割合が大きくなるため、効果が大きくなります。

   同じ大きさの車両の場合、1500ccと3000ccでは、1500ccの方が効果が2倍となります。

      2000cc以下は、NAターボ問わず超おススメです!ターボラグも少し軽減します。

      2500ccは微妙です。ボディ色が黒や紺ならやった方が良いでしょう。

      3000cc以上は、この4700円でオイルをグレードアップした方が効果的でしょう。 

 

A色が濃いほど効果が大きくなります。

   黒と白では、黒の方が効果が大きく出ます。

      黒、紺、赤、グレーは超おススメです。

 

B室内が広いほど効果が大きくなります。

   1400ccのゴルフと1400ccのトゥーランでは、トゥーランの方が効果が1.5倍となります。

      ミニバンやSUVは超おススメです。

夏タイヤと同じハンドリングのスタッドレスタイヤ

輸入車にスタッドレスタイヤを履かせると、グニョグニョとした酷いハンドリングになります。

特にBMWはこれが顕著で、かなり我慢して乗る感じになります。

12月中旬から3月中旬の約3ヶ月間ですが、1年の1/4をつまらない状態で乗るなんて、すごく損していると思いませんか?

今回ご紹介するピレリーのSOTTOZEROは、スタッドレスでありながら夏タイヤとほとんど変わらないハンドリングで乗れる、画期的なタイヤです。

 

IMG_3160_490.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3164_490.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、このタイヤの凄いところは、スピードレンジです。

通常のスタッドレスは、スピードレンジがQ規格なので最大160kmまでですが、SOTTOZEROは何とH規格なので最大210kmまで可能です。

”そんな160kmも出さないよ!”と言われるかもしれませんが、そうではありません。

速度レンジはタイヤのサイドウォールの硬さやグリップ力を間接的に表しています。

何とSOTTOZEROは夏タイヤと同等のサイドウォール硬さやグリップ力を持っているのです。

先日、初めてお客様のBMW130に履いて試運転した時、「何だこれは! 夏タイヤと全く変わらないじゃないか!」 と、強烈な衝撃を受けました。

 

もう一つは、SOTTOZEROにはランフラットの設定があることです。

最近のBMWはランフラット用に足回りがセッティングされていますので、普通のラジアルを履くと、夏タイヤであってもグニョグニョとした酷いハンドリングになってしまいますが、これがスタッドレスとなると更に酷くなり、とても乗れたものではありません。

しかしSOTTOZEROにはランフラットの設定があるので、心地よいハンドリングがキープできるのです。

 

その反面、雪道での性能はかなり落ちます。

雪国に住んでいらっしゃる方や、年に何回も雪国に行く方は、何と言っても雪上性能が最重要ですから、通常のスタッドレスにした方が良いと思います。

しかし年に数回雪が降るため仕方なくスタッドレスを履いている方や、ここ最近は雪が降る可能性があるので、通勤に支障をきたさないようにスタッドレスを履いておこうという方には、SOTTOZEROはBESTの選択だと思います。

 

問題は値段が高いことなのですが、当社ではピレリとコンチネンタルのみタイヤ屋さんを通さないで直接仕入れられるため、国産のスタッドレスと同等かそれ以下のお値段でご提供できます。

 

スタッドレスのハンドリングにお悩みの方、是非お問い合わせくださいませ。