@運転する楽しさが違う!

 まず、国産車との最大の違いはコレだと思います。運転する楽しさが全く違います!

 正直な話、私は、「これを皆さんにお伝えして共感したい!」と思ったからこそ、10年以上勤めた会社を辞めて、オートリクールを開業したのです。

 

 どのように違うのかと申しますと、

  (1)車が意のままに動く!

  (2)エンジンが五感に訴えてくる!

の2つだと思います。乗って頂ければ、一発で解ります。

 

 

(1)車が意のままに動く!

 少し専門的になりますが、いわゆる ”ハンドリングが良い” という事です。

 

 例えば、交差点などで曲がる時、国産車の場合は一度ハンドルを切った後に、少し戻したり、また切り足したりと自然にやっていませんか?今度、意識して観察してみてください。

 

これは、車が思ったより多く曲がりすぎたり、曲がり方が足りなかったりするために、無意識にハンドル修正しているのです。

ところが輸入車の場合、このハンドル修正がほとんど不要になります。これは思った通りのラインで曲がれているからです。

 

ですから曲がった時、「何か気持ちいい!」 と感じるのです。 

   DSCN0115_200kadomaru2.jpg

 また、直線を走っている時も、国産車の場合はハンドルをこまめに修正していませんか?

 

これは、道路のちょっとした凹凸やうねりなどで、タイヤの向きが微妙に変わってしまい、真っ直ぐ走らないために無意識にハンドル修正しているのです。

ところが輸入車の場合、このハンドル修正がほとんど不要です。

これはタイヤの向きがフラフラせず ”ビシッ” と真っ直ぐを向いているからです。

 

ですから直線を走っている時にも、、「何か気持ちいい!」 と感じるのです。

 

 なお、これらは気持ちいいだけでなく、安心感や疲れにくさにもつながります。

 

よく輸入車に乗ると、「運転が上手くなったような気がする!」という方がいらっしゃいますが、実際、外から見ていても本当に運転がスムーズになっています。

今度、高速道路で走っている輸入車を後ろから眺めてみてください。

きっと ”ピタッ” と路面に張り付いたように真っ直ぐ走っていることに気づくはずです。

 

 それでは、なぜこんな違いが出てくるのでしょうか?

 

それは、輸入車は、ボディーやサスペンション、ステアリング周りが頑丈にできていて、よれない為です。

これは、車をリフトアップして、下から覗いて見るとハッキリとわかります。

とても同じ乗り物と思えないほど、輸入車はガッチリ見えて、国産車はきゃしゃに見えます。

ヨーロッパは高速道路が発達しているので、ハイスピードでも安全で快適なように、伝統的にガッチリとした設計になっているのです。

 

実は日本車も、ヨーロッパへ輸出する車はガッチリと造っていたりするんですけどね。

 

 

(2)エンジンが五感に訴えてくる!

 まず一つ目は、エンジン音がスポーティーだということです。

 

これは決して音が大きい、という事ではありません。

音質が低音の効いた、スポーティーなものなのです。

高速を飛ばしている時だけでなく、街中をゆっくり走っている時でも、非常に心地よいBGMを奏でます。 

 DSCN0120_200kadomaru.jpg

 なぜ、このように日本車と違う音になるのかというと、日本と欧州とでは、マフラーに対するメーカーの設計基準が違うからです。

 

日本メーカーは、低音をほとんど出さない設計をします。低音は同じ音量でも耳に届きやすく、騒音として感じやすいからだそうです。

日本人は細かいことを気にする人種ですから、少しでもクレームの可能性があるものは、メーカーは徹底的に排除しようとします。

一方、欧州はモータースポーツが盛んで、基本的に皆さん運転することが大好きです。

細かい騒音よりも、運転する時の気持ち良さを重視した設計になっているのです。

 

しかし、実際、真夜中の住宅街でも、欧州車の音がうるさいなどという声は、ほとんど聞いたことがありませんけどね。

 

 

 二つ目は、加速時に使う回転域に、トルクの盛り上がりがあり、加速が気持ちいい、ということです。

 

極端に言うと、加速Gが、日本車の場合一定なのに対して、欧州車は2次曲線的にグイグイと加速していくのです。

ですから、同じ排気量でも欧州車の方が速く感じたりもします。

 

 この違いには色々な理由があるのですが、最大の理由は実はガソリンの違いです。

 

欧州のレギュラーガソリンは、オクタン価95なので、日本のレギュラー92とハイオク98のちょうど中間です。

オクタン価が高いということは、ノッキングしにくいということ。

ちょっと専門的になりますが、加速時に使う3500〜5000rpmあたりのトルクを出すためには、吸気系を工夫してこの回転域で共鳴するようにします。

いわゆる共鳴過給という技術です。

そうするとこの回転域で充填効率が飛躍的に上がり、ノッキングさえ出なければトルクをモリモリと出す事ができます。

しかし日本車の場合、日本のレギュラーガソリンではノッキングが出てしまいますので、この共鳴過給を積極的に使いません。

むしろ共鳴過給を使わない方が、高回転の馬力が出せるので、高回転重視のセッティングになっているのです。

 

日本車と欧州車のエンジンスペックを比較してみてください。最大馬力は日本車の方が出ている場合も多いですが、最大トルクは欧州車の方が断然出ていますよ。 

 

 ですから、欧州車にはなるべくハイオクを入れてあげてください。

 

最近の欧州車はレギュラーを入れても、ノックセンサーが働いてレギュラーセッティングに切り替わりますので、ノッキングが出て壊れるようなことはありません。

その代わり、せっかくの中低速トルクがやせ細ってしまいます。

 

リッター10円くらいの違いなら、フルパワーで走らせてあげましょう。